京田辺の屋根修理・雨漏り修理はRFTへ
屋根の基礎知識

屋根修理業者選びは悪徳業者にご注意!

屋根修理業者選びは悪徳業者にご注意!

同じ屋根修理業者として非常に残念な事ですが、京田辺市をはじめ京都の屋根修理業者にも悪徳業者は存在します。

屋根修理・雨漏り修理に限らず、外壁塗装やリフォームなどの建築業界は昔から悪徳業者に狙われやすいという特徴があります。
それは、建築関係の工事は費用が高額になりやすいためです。
そして、人口の多い京都では悪徳業者によるぼったくり被害や手抜き工事による被害が顕著です。

中でも屋根修理・雨漏り修理は、特に悪徳業者に狙われやすいと言われています。
その理由は明白です。
それは、「一般の方は屋根を近くで見る機会が少ない・屋根についての知識が少ない」からです。

悪徳業者に騙されない重要なポイントは、2つあります。
一つ目は、「訪問営業を行う業者には絶対に依頼しないこと」
二つ目は、「屋根修理が無料でできると謳う業者には絶対に依頼しないこと」
この二つです。

まず一つ目の、「訪問営業を行う業者には絶対に依頼しないこと」からご説明します。

雨漏りが起こった際の原因箇所の特定、屋根の状態の診断には専門的な知識が必要で、専門業者でないと難しい作業です。
ですので、屋根を直接見る事ができない一般の方があれこれ説明を聞いても、「あぁ…なるほど…」となんとなくでしか納得できないと思います。

そんな屋根修理において、悪徳業者は突然皆様の自宅に訪れ、「外から見てたんですが、屋根が痛んでますよ!このままだと雨漏りするので修理が必要です!」と不安を煽るような言葉を投げかけてくるのです。
上述のように、屋根診断は専門的な知識を持った人間が、直接屋根の上に登らないとできるような作業ではありません。
ですので、知識の浅い営業マンが外からパッと見ただけで決してわかるはずがないのです。

実は、そのような飛び込み訪問の営業マンにとっては、屋根の状態や本当に雨漏りの危険があるかどうかは関係が無く、強引にでも契約さえとれればそれで良いのです。
もっとひどい例を挙げると、「屋根の無料診断でこの辺りを回らせてもらってます!」と、ある日突然営業マンがやってきます。
「無料ならまぁいいか…」と思いお願いすると、営業マンはいそいそと屋根に登っていきます。
そして、家主が見ていないところで瓦を割り、「ここの瓦が割れてますね!修理しないと雨漏りしますよ!」と詐欺まがいのような行為で契約を迫ってくるのです。

屋根修理・雨漏り修理において、業者選びの鉄則は、「複数の業者から相見積もりをとる」ことです。
いきなりやってきた訪問営業の業者にお願いするのは非常に危険です。
急に不安を煽るような事を言われると焦る気持ちはわかりますが、瓦が割れていたとしても、下地の防水シートがしっかり機能を果たしていれば、すぐに雨漏りは発生しません。

その場で契約を交わすような事は絶対にせず、落ち着いて別の業者にも見積もり依頼をしてください
複数見積もりをとる事で、そのような悪質な行為を行う業者がぼったくりのような価格で契約を迫ってきていた事がよくわかるようになります。

では二つ目の、「屋根修理が無料でできると謳う業者には絶対に依頼しないこと」をご説明します。

近年、ネットや広告などで、「屋根修理を無料で!」という怪しげな謳い文句を目にします。
これは簡単に言うと、「皆様が加入している火災保険の風災の項目を使って、屋根修理を無料で行おう」というものです。
「無料」と聞くと非常に魅力的に見えるとは思いますが、これは非常に危険です。

そもそも、火災保険の「風災」は、台風や強風などの自然災害によって被害が生じた場合に適用される項目です。
つまり、ただ単純に経年で劣化した屋根の修理には適用されないのです。

そして更に注意すべきポイントは、最終的に保険が適用されるかどうかの判断を下すのは、加入している保険会社です。
「屋根修理を無料で!」と謳っている業者に問い合わせてみると、「必ず適用されます!」「絶対に保険がおります!」と言いますが、屋根修理業者が「必ず」「絶対」と断言できる理由など全く無いのです。

このような業者も、訪問営業を行う業者と同じで、契約さえとれれば実際に保険がおりてもおりなくてもどちらでも良いのです。
ただ「無料」という甘い言葉を使って、皆様を釣ろうとしているだけです。

仮にこのような業者に依頼して、保険の申請をし、本当に保険がおりればラッキーです。
しかし、保険がおりない場合もある事を悪徳業者は知っているので、契約さえ結めば急いで工事を行います。
そして、保険がおりなかった場合でも、「工事はもう終わってますので、支払いの方お願いします」と保険がおりなかった場合の責任など決してとってはくれません。

RFTでも、火災保険の申請を検討されているお客様には申請における不明な点をアドバイスしたり、提出用の見積書を作成したりはしますが、決してこちらから「保険を使いましょう!」とは言いません。

屋根修理業者の「絶対に!」「必ず!」という言葉を信じて契約を結ぶような事はしないでください。
そして、「無料」という甘い言葉を謳い文句にしている業者には絶対依頼しないでください。

万が一契約を結んでしまった場合でも、本当に保険がおりるかどうかの確認ができるまでは、決して着工させてはいけません。

繰り返しになりますが、悪徳業者に騙されないポイントは、
「訪問営業を行う業者には絶対に依頼しないこと」
「屋根修理が無料でできると謳う業者には絶対に依頼しないこと」

この二つです。

屋根の基礎知識