京田辺の屋根修理・雨漏り修理はRFTへ
屋根の基礎知識

屋根の葺き直しとは?

屋根の葺き直しとは?

屋根工事において「葺き直し」とは、屋根材まで全て新調する「葺き替え」とは異なり、下地の野地板や防水シート(ルーフィング)のみを新品に取り替え、屋根材は再利用する工法を指します。
具体的には、既存の屋根材を一旦全て取り外し、下地板金や野地板、防水シートを取り替え、再び取り外した屋根材を元通りに組み上げるといった工程です。

「それなら葺き直しじゃなく葺き替えで全て交換した方が良くない?」と思われるかもしれません。
日本でも代表的な屋根材である瓦は非常に耐久性が高く、その耐用年数は50〜60年とされています。
ただし、これはあくまでも屋根材である瓦だけの話で、その下に敷いてある下地や防水シートはそういう訳にはいきません。
防水シートの耐用年数は長くても20年程度で、瓦よりもかなり先に寿命を迎えてしまいますし、もし防水シートの機能が劣化したまま放置すると、雨水は建物内部に侵入し下地を腐食させてしまいます
RFTにご依頼いただいた雨漏り修理の事例の中にも、瓦に問題は無いが防水シートが先に機能を果たさなくなり雨漏りを起こしてしまったというものが多いです。

このような場合に、まだまだ耐用年数が残っている瓦は再利用し、下地や防水シートだけ新調する「葺き直し」を行うのです。

それでは、葺き直し工事のメリット・デメリットを見ていきましょう。

葺き直し工事のメリット

・葺き替えと比較して、工事金額を抑えることができる

「葺き替え」は既存の屋根材は処分するため、撤去・処分費用が発生し、その費用が工事金額の多くを占めます。
一方「葺き直し」は、既存の屋根材は再利用するため、撤去・処分費用は不要な上、新たに屋根材の材料費も発生しません。

また、葺き直しを行う際は、ほとんどの場合取り外した瓦は屋根から降ろさず、屋根の端などに積み上げて工事を進めていきます。
これは、すぐに再利用する屋根材をわざわざ降ろす必要が無いためですが、施工の手間が大きく省けるのでその分工期も短くなります。

・建物の外観を損なわない

美観も綺麗になった方が良いと思われる方もいらっしゃると思いますが、昔ながらの風情を残したいという方もいらっしゃいます。
その意味で、葺き直しは既存の屋根材を再利用するため、施工の前後で建物の外観が変わることがありません。

葺き直し工事のデメリット

・施工可能な屋根材が瓦に限定される

ここまでの説明で、「瓦の話しかしていない」とお気づきの方もいらっしゃるかと思いますがその通りで、葺き直しが行える屋根材は瓦に限られます。
葺き直しが瓦に限定される理由は、瓦の耐久性にあります。

上述の通り、瓦の耐用年数は50〜60年と非常に長く、破損さえ無ければ半永久的に使用可能な屋根材としては非常に優秀な素材です。
もし部分的な破損が起こった場合でも、その瓦だけ取り替えれば他の瓦は問題無く使用することが可能です。

このように瓦は非常に長い耐用年数を誇りますが、瓦以外の屋根材はそうではありません。
カラーベストや金属屋根といった瓦以外の屋根材の耐用年数は、どんなに長くても20年程度です。
ですので、例えば築20年を迎えて耐用年数を迎える防水シートを新調しようと考えた場合、せっかく防水シートだけ新品に取り替えても、同じく耐用年数を迎えた屋根材を再利用してしまっては意味が無いのです。
その場合、行うべきは葺き直しではなく葺き替えです。
葺き直しは、耐用年数が非常に長い瓦だからこそできる工法と言えますね。

瓦以外でも葺き直しを行う場合も稀にありますが、あくまで洋瓦やセメント瓦といった屋根材に限定されますし、和瓦と比較すると耐久性は劣ります。

・既存の瓦が劣化している場合は施工の効果が薄い

上述の例のように、せっかく葺き直しをして下地や防水シートが新しくなっても、既存の屋根材自体が劣化していれば、結局そこから雨漏りが発生してしまう恐れがあります。
基本的には瓦の耐用年数は50〜60年ですので大丈夫な場合の方が多いですが、お住まいを取り巻く自然環境は地域によって異なり、結果として瓦の耐用年数も地域によってバラつきがあります。
「既存の瓦を再利用して大丈夫か、瓦も取り替えた方が良いのか」の判断は、専門的な知識と経験を持った屋根修理業者に任せましょう。

RFTでは、屋根診断・現地調査・お見積もりは無料となっております。
お住まいの屋根の現在の状態が気になる方は、お気軽にRFTまでご相談ください。

屋根の基礎知識