京田辺の屋根修理・雨漏り修理はRFTへ
屋根の基礎知識

雨漏りの原因とは?

雨漏りの原因とは?

皆様のお住まいで雨漏りが発生した場合、「突然雨漏りが起こった」と思われがちです。
実際、RFTにご依頼いただく雨漏り修理の依頼でも、「昨日から急に雨漏りし出したんです…」とおっしゃる方が多いです。

たしかに、雨漏り自体はあるタイミングから急に始まるものですが、雨漏りを引き起こした原因は昨日今日に始まった事ではありません。
雨漏りが発生している状況下では、かなりの量の水が建物内部に侵入してしまっている事が疑われます
つまり、建物内部に溜まった水が行き場を無くして室内へと溢れ出した状態、それが雨漏りなのです。

天井や室内の壁から雨漏りが発生すると、そのままその箇所自体に問題があるように考えがちですが、そうではありません。

まず、天井から雨漏りが発生した場合、天井ではなく屋根に次のようなトラブルが発生している可能性があります。

・雨水から直接屋根を守る屋根材の劣化・風化・破損
・屋根材の下に敷いてある防水シート(ルーフィング)の劣化・破れ
・屋根材の隙間を埋めているシーリング(コーキング)の劣化・風化
・防水の機能を持つ屋根材に塗装されている塗膜の劣化

上記以外にも、台風や強風など自然災害時に屋根材がズレてしまい、そこから雨水が建物内部へ入り込む場合もあります。
原因がズレだけなら、その箇所のズレを直すだけで雨漏りは防ぐ事ができます。

また、事例としては少ないですが、建物自体が次のような構造になっている場合は、屋根ではなくそちらに原因がある場合もあります。

・二階建ての建物で、二階部分に風呂・トイレなどの水回りがある
・天井の直上(一階天井と二階床の間)に水回りの配管が通っている
・天井から地上の雨水を流す雨樋が建物内部を通っている

雨漏りの原因が上記の場合は、直接その箇所を修繕する必要があります。

次に、室内の壁から雨漏りが発生した場合、建物の外壁に問題がある可能性があります。
外壁に問題がある場合は、その原因のほとんどが外壁塗装の塗膜の劣化です。

外壁塗装の塗膜が劣化すると、外壁は防水性・耐久性が著しく低下し雨水や風、紫外線に対して無防備な状態となってしまいます。
無防備な状態を放置すると壁にヒビ割れ(クラック)が発生し、そのヒビの隙間から雨水が建物内部へと侵入し、雨漏りを引き起こします。

これは屋根の塗装も同じ事ですが、塗装の耐用年数は10〜15年程度と覚えておきましょう。
耐用年数を過ぎている、もしくはもうすぐ迎えるという場合は、再塗装を検討するようにしてください。

このように、雨漏りの原因はある程度は絞られますが、原因が一つではなく複数の場合も事例として多いです。
例えば、外壁にヒビ割れが起こっているからそこだけが原因と思っていたら、実は防水シートも劣化していた、などという場合もあるのです。
雨漏りの原因箇所の特定、屋根の状態診断には、専門的な知識と複合的な調査が必要となります

雨漏りは一度でも発生させない事が肝心です。
RFTは、現地調査・お見積もりは無料となっておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

屋根の基礎知識